2009年4月28日火曜日

ワーク

汎用コンピュータ(メインフレーム)などで構成されたサーバとネットワークで接続され、事務専用端末として使用されることもある。

なお、JIS X 0001 (ISO/IEC 2382-1)では、「通常、専用の計算能力をもち、利用者向きの入出力装置をもつ機能単位(ハードウェア・ソフトウェアからなる指定した目的を遂行できるもの)」と定義しており、これに従うとパーソナルコンピュータ (PC) が含まれるが、通常はPCとは分けて考えることが多い。

1990年代前半までは、マルチウィンドウやアイコンなどによるGUI、ネットワーク機能の標準装備、マルチタスク、SVGAを超える高解像度のディスプレイなどがワークステーションのPCと比べた特徴であった。 その後、これらの特徴はWindows 95の登場とPCの普及によって、ワークステーションのみの特徴ではなくなった。

特に、科学技術計算、CAD、グラフィックデザイン等に使用されるものはエンジニアリングワークステーション (以下「EWS」) と呼ばれ、これらの作業を円滑に行う為、専用ソフトウェア、専用のハードウェアを有する事が多い。

また、事務処理や、組版などの編集作業に使われる物はオフィスワークステーションなどと呼ばれる。

ワークステーションの中にはユーザー専用に開発されたマザーボード、PCIボード、周辺機器などを組み替える事で様々な制御機器のセンターマシン、監視装置などとして使用される事もある。これらの多くはリモートセンシングなど特殊な分野で利用されている。

POSシステムなどに代表される流通システムでは、全国規模に及ぶネットワーク化されたシステムを、メインフレームとサーバ専用機などの中規模なコンピュータ、ワークステーションなどを組みあわせて使用する事が多く、数十台から1万台単位の規模でソリューションとして販売される。このような場合、EWSなどと違いシステム構築の容易さと通信処理能力や、レジスターやバーコードリーダーなどの専用ハードウェアへの対応が必要とされ、ワークステーションは端末としての機能もはたす。一度の大量発注による製造・販売・輸送コストの削減などが行われる。

なお、かつては、LAN内でサーバに対してユーザの手元にあるコンピュータのこともワークステーションと呼ばれていた(例: Windows NT ServerとWindows NT Workstation)。これは、コンピュータ自体の機能や性能による区分ではなく、もっぱらネットワーク内での役割による区分であり、ハードウェアとしてはPCそのものである場合も多かった。近年ではクライアントと呼ぶことが多い。

コンピュータを製造・販売するメーカーがそれぞれの販売戦略により、ワークステーションやパーソナルコンピュータ、サーバ等の名称を使い分けていることも、これら各カテゴリの境界を曖昧なものとする要因となっている。

2009年4月1日水曜日

大阪焼き

実は、この食べ物の名前は分からないんだ。
丸い焼き器の一つには生卵を1個割って落とし、別の器には小麦粉を溶いたものを入れる。更に小麦粉の上 に、肉まんの中身みたいな具を少し入れる。両者がほぼ固まりかけたところで、玉子の方をひっくり返して、小麦粉の上に乗っける。一体化された玉子と小麦粉 は、今川焼きのような丸い形に固まるのだ。餡子が入っているわけではないから、甘くはない。
お好み焼きの上に生卵を落としてひっくり返して焼いたものを大阪焼きと名付けて、日本の屋台で売っていたが、形は違うけどそんな感じの味わいの食品だ。

好みに応じて、辛い醤を塗ってくれる。1個1元
いくつかの店(屋台?)があったが、何れも夫婦で焼いていた。この写真では、右側で材料を仕込んだり、玉子を割ったりしているのが奥さんで、左側で仕上げ焼きと販売をしているのが旦那さんだ。どの店でも大体こんな感じで分業している。
5個ほど持ち帰ってビールのつまみにしたら、美味かった。